2017年 5月16日

健命寺は野沢菜発祥の地といわれています。
宝暦六年(1756)、健命寺の住職が京遊学のお土産に持ち帰った天王寺蕪が、
野沢温泉の気候風土によって変化し、葉が大きくて茎の太い野沢菜になったといわれています。


inserted by FC2 system